2019/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


 茨城県は実は漆の樹液の産地。
大子町は袋田の滝や美人の湯だけでなく、良質な漆の樹液の
産地としても有名。

そして、茨城県で制作を続ける、漆芸家であり、漆工房の主で
ある、辻徹さんが、満を持して、器而庵をオープンさせました。

今迄、樹液の産地ではあっても、漆器の産地では無かった。
「作家」である辻さんが、「工房主」として、どんな風に
地場産業を盛上げて行くか、楽しみです。

器はすでにお披露目済。
水戸の季器楽座さんでの展示会では、ほぼ完売。
幸先の良いスタートでした。

工房での活動も楽しみです。

8月4日の大安に訪問予定。
その前後は水戸のブラックバードと笠間の茨城県陶芸美術館の
鈴木治展。鈴木治展…楽しみです。


comment









trackback